ケアプラン(居宅介護支援事業所)
高齢者の皆様が、いつまでも健やかに住み慣れた地域で安心して生活して頂くために様々な面から支援します。自宅に住んでいる方や、これから自宅で生活をする方は是非一度ご相談ください。

居宅介護支援(ケアプラン)とは?

 介護サービスを受けるために必要な『要介護認定』の申請代行や居宅サービス計画(ケアプラン) の作成を行う窓口となっており、居宅において介護保険で受けられる居宅サービスの紹介、調整、居宅サービス費にかかる費用の計算や請求等を要介護者の代わりに行う事業です。


申し込みからサービス提供までの流れ

利用者様

居宅介護支援事業所ふたふぁ

利用申し込み

利用の申し込みを受けます

重要事項説明

利用者様に対し事業所の説明を行います

契約

重要事項の説明後、承諾が頂ければ契約作業を行います

サービス計画内容の説明

介護保険で利用可能なサービスや料金等の説明を行います

実態の把握

本人が困っていることや希望を聞きながら、利用者様の現状確認を行います

居宅サービス計画の原案作成

実態の調査を行ったうえで、まず基盤となる原案を作成します

サービス担当者会議

業者や事業所、家族を含めサービスに関して細かい調整を行います

介護サービス計画の作成

今までの内容を考慮し、居宅サービス案を作成します

利用者様への説明・同意・交付

作成したサービスを利用者様に説明し、同意していただければ適用となります

サービス利用開始
モニタリング

月に一回ご自宅を訪問し、利用者様が現状のケアプランで不便がないか確認します

※利用開始後も、責任を持って対応いたします。

全額介護保険制度から全額給付されますので、要介護度の認定をうけている方は
ケアプランの事業所への支払いは
です。

※但し、介護保険料の滞納の場合、介護サ-ビスを利用できない場合があります。
市町村(保険者)にお問い合わせください。

交通費は通常の事業実施地域の場合頂きません。
事業実施以外の場合、事務所を起点とし1Kmあたり30円で計算します。
その際は前もって書面で説明し同意します。

© 2006-2016 Futafa Corporation