訪問看護ステーション
詳細表示


ヘルパーとケアプラン併設なので安心!
必要なサービスをすぐに提供できます!

医療機器を装着している方、癌の療養サポート
看取り・神経難病・精神疾患・小児・幼児難病
などご自宅での療養生活を全力でサポートします!

24時間365日の緊急時に対応できる体制を整えています!

・胃ろう・鼻からのカテーテルがある
経管栄養法の指導とカテーテルのケアを行います。

・褥瘡(床ずれ)等含めた創傷処置のケア
できてしまった褥瘡(床ずれ)や創傷の処置、褥瘡(床ずれ)
予防のためのアドバイスを行います。

・医師から点滴の指示がある場合
点滴をしながら、在宅で療養を続けるための方法と、必要な処置のサポートします。

・排泄のことで困っている

排泄(排便・排尿)に関するアドバイス、人工肛門や人工膀胱のケア、
カテーテルの管理や交換に関するご相談も受け付けます。

・酸素吸入をしている人工呼吸器を使用している

人工呼吸器の点検管理、モニタリング、合併症の対応や、吸入、吸引、
呼吸訓練の実施と指導、痰の出し方のアドバイスを行います。

・ターミナルケア
癌やその他の疾患の方や、高齢者の在宅での看取り、在宅での緩和ケアのサポートをいたします。

・体の調子をみてほしい
全身状態の観察と療養、生活指導、服薬管理、介護相談などを行います。

・清潔面での援助
入浴介助や清拭(医療処置と一緒に実施が可能です)。
他のサービス担当者や医師との連携

訪問看護をご希望の方は、お手持ちの保険(医療や介護)でご利用できます。
お気軽にご相談下さい

訪問看護とは?
 看護師がお住まいを訪問し、療養生活をおくっている方の看護を行うサービスです。本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるよう予防的支援から看取りまでを支えます。  本人のみならず、家族の健康状態もチェックし、一人ひとりの健康課題を早期に見出し、医師と連携して病気の発症や重症化を防止します歯科医師や薬剤師、理学療法士、ケアマネージャーなどの多職種とも連携し、また、状況に応じて他の在宅サービスも取り入れていきます。

どんな人 が受けられるの?
・医療保険証をお持ちの方・・・
赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関係なく訪問看護が利用できます。精神疾患、自立支援サービスの方も利用できます。
・介護保険証をお持ちの方・・・
介護度(要支援1~介護5まで)の認定を受けている方ならどなたでも利用できます。 わからない場合はふたふぁまでご相談ください。
例えば・・・
・病院から退院するが、酸素を吸引しなくてはならない方
・寝たきり状態で介護は大変な方
・傷があって処置が必要な方
・ストーマ(人口肛門・膀胱)を造設しているが管理が大変・・・
・癌など(ターミナル期)だが、自宅で最後まで過ごしたい・・・
・薬の管理ができない・・・
など、保険を使いさまざまなケースでご利用頂けます。

わからない場合はなど、気軽にお問い合わせください。
ふたふぁTEL:098 - 942 - 3915

訪問看護は 誰が 来てくれるの?
訪問看護ステーションに看護職員として在籍している看護師、准看護師が訪問します。

訪問看護では どんなサービス が受けられるの?
・療養生活の相談・支援
食事や運動、口腔ケア、排泄のケアなど様々な療養上の助言を行い健康状態の維持・改善を図るとともに、生活のリズムを整えます。 また、退院直後で気管を切開している方、ストーマ(人口膀胱や人口肛門など)を造設している方、皮膚の潰瘍(創傷)などがある方、床ずれ(褥瘡・じょくそう)の予防に関する助言や排便管理の助言、解除なども行います。
・病状や健康状態の管理と看護
バイタルサインズ(体温、脈拍、血圧、酸素飽和度、呼吸の状態など)をチェックし、感染症の有無、心身の健康状態、障がい状態等を観察し、状態に応じた助言をします。高血圧や糖尿病などの慢性疾患の自己管理ができるよう支援します。
・医療処理、治療上の看護
かかりつけ医の指示に基づく医療処理(点滴静脈注射、たんの吸引、経管栄養、創症処理、チューブ類の交換など)や検査を行います。
・苦痛の緩和と看護
痛み、呼吸困難、発熱、不眠、便秘などの緩和を行います。症状を観察し、主治医や薬剤師の処方の範囲内で薬の量を調整して、適切なケアを行います。
・ターミナルケア
最期までその人らしい尊厳のある療養生活を送ることができるよう本人や家族の思いにそって援助します。苦痛や倦怠感などを緩和するための看護や医療処置、精神的な支援を行います。
・緊急時の対応について
24時間緊急出動できるように、交代制にて対応しております。
・その他
リハビリテーション看護・精神的看護・家族の相談と支援・住まいの療養環境の調整と支援。 認知症と精神障がい者の看護・在宅移行支援

些細な事でも、気軽にお問い合わせください。
ふたふぁTEL:098 - 942 - 3915

当事業所もしくは、ケアマネージャーや掛かり付け医にご連絡下さい。
※入院中でもご相談いただけます
•    お客様と訪問看護ステーションの職員が直接お会いし面談いたします。
•    訪問看護の必要度について検討し日時・回数の調整を行います。
•    医師からの「訪問看護指示書」が作成・交付されます。
•    訪問看護ステーションが指示書を確認いたします。
•    お客様と訪問看護ステーションが契約を結び、サービスを開始いたします。
•    ステーションから医師に看護計画・症状経過報告を提出いたします。

利用料
介護保険利用の場合
30分未満 30分以上
1時間未満
1時間半未満
訪問看護 4,630円 8,140円 11,170円
初回加算 3,000円
緊急時訪問看護加算 5,400円(ひと月につき) 緊急訪問した場合はかかった時間に応じた単位数を算定しますが、夜間・早朝・深夜加算はつきません。
特別管理加算 (Ⅰ)5,000円または
(Ⅱ)2500円(ひと月につき)
複数名訪問看護加算 2,540円(30分未満)4,020円(30分以上)
退院時共同指導加算 6,000円
退院支援指導加算 6,000円
看護、介護職員連携強化加算 2,500円
ターミナルケア加算 20,000円(死亡したひと月に限り)

※介護保険からの給付を利用する場合、自己負担割合額の利率で決定します。(1割か2割)
ただし、介護保険を超えた場合は全額自己負担となります。

※医師より急性憎悪により頻回の訪問看護を行う必要がある旨の特別訪問看護指示が出ている場合、ひと月につき、指示の日から14日を限度として、医療保険の訪問看護適用となります。

※通常の時間帯(午前8時~午後6時)以外の時間帯でサービスを行う場合には、次の割合で利用料金が加算されます。割増料金は介護保険の支給限度額内であれば、介護保険給付の対象となります。
早朝 午前6時~午前8時:25%
夜間 午後6時~午後10時:25%
深夜 午後10時~午前6時:50%

※介護サービス支給限度額をこえてしまう場合、超過分は全額自己負担となる場合があります。

医療保険利用の場合
訪問看護 週3回までは1回5,550円、4回目以降は6,550円
24時間対応体制加算 5,400円(ひと月につき) 緊急訪問した場合はかかった時間に応じた費用を算定しますが、夜間・早朝・深夜加算はつきません。
特別管理加算 (Ⅰ)5,000円または(Ⅱ)2500円(ひと月につき)
難病等複数回訪問加算 1日2回まで4500円、1日3回以上8,000円
退院時共同指導加算 6,000円
退院支援指導加算 6,000円
看護、介護職員連携強化加算 2,500円
ターミナルケア加算 20,000円(死亡したひと月に限り)
訪問看護管理療養費 1日に付き月の初日7,300円、2日目以降2,950円
複数名訪問看護加算 週1回4,800円

※保険の負担割合により、料金は異なります

※医師より急性憎悪により頻回の訪問看護を行う必要がある旨の特別訪問看護指示が出ている場合、一月につき、指示の日から14日を限度として、医療保険の訪問看護適用となります。

※通常の時間帯(午前8時~午後6時)以外の時間帯でサービスを行う場合には、次の割合で利用料金が加算されます。
早朝 午前6時~午前8時:25%
夜間 午後6時~午後10時:25%
深夜 午後10時~午前6時:50%

休業日及び災害時にサービス利用した場合の追加料金
≪60分毎単位≫ 8:30~17:30
6:00~8:30
17:30~22:00
22:00~6:00
1)災害時(台風など)
2)休業日<日曜日・年末年始※)
※12月30日から1月3日
1,500円 2,000円 2,500円

※ 台風等が発生し、公共バスが運行停止した場合、サービスが中止となりますが、やむ
得ない状況でサービスを行う場合は追加料金が発生します

保険適応外料金 【自費での利用の場合】
≪60分毎単位≫ 8:30~17:30
6:00~8:30
17:30~22:00
22:00~6:00
平日 (月~土曜日) 8,000円 10,000円 12,000円
祝日、日曜日・年末年始※
※12月30日から1月3日、
10,000円 13,000円 15,000円

・キャンセル料
急な都合でサービスを中止したい場合は、前日の営業時間内であれは、キャンセル料は発生
しません。当日の場合は、1,000円を請求となります。
ただし、状態の急変など、やむを得えないと判断される場合は、キャンセル料は発生しません。

・その他の費用
1)交通費 :通常の実施地域の中城村、北中城村、西原町、宜野湾市の方は無料です。
ただし原則として、実施地域を超える地域の場合、事務所を拠点として1km30円にて計算します。詳細は書面で説明 いたします。
2)おむつ等日常生活物品等は、実費となります。
3)エンゼルケア(死後の処置) 10,000円

・料金のお支払い方法
毎月10日前後に前月分の請求書を発行いたしますので、20日までにお支払いください。
お支払い方法は、①口座振込 ②現金がお選びいただけます。
お支払い確認後、領収書を発行します。

ケアプラン(居宅介護支援事業所)
詳細表示

居宅介護支援(ケアプラン)とは?

 介護サービスを受けるために必要な『要介護認定』の申請代行や居宅サービス計画(ケアプラン) の作成を行う窓口となっており、居宅において介護保険で受けられる居宅サービスの紹介、調整、居宅サービス費にかかる費用の計算や請求等を要介護者の代わりに行う事業です。


申し込みからサービス提供までの流れ

利用者様

居宅介護支援事業所ふたふぁ

利用申し込み

利用の申し込みを受けます

重要事項説明

利用者様に対し事業所の説明を行います

契約

重要事項の説明後、承諾が頂ければ契約作業を行います

サービス計画内容の説明

介護保険で利用可能なサービスや料金等の説明を行います

実態の把握

本人が困っていることや希望を聞きながら、利用者様の現状確認を行います

居宅サービス計画の原案作成

実態の調査を行ったうえで、まず基盤となる原案を作成します

サービス担当者会議

業者や事業所、家族を含めサービスに関して細かい調整を行います

介護サービス計画の作成

今までの内容を考慮し、居宅サービス案を作成します

利用者様への説明・同意・交付

作成したサービスを利用者様に説明し、同意していただければ適用となります

サービス利用開始
モニタリング

月に一回ご自宅を訪問し、利用者様が現状のケアプランで不便がないか確認します

※利用開始後も、責任を持って対応いたします。

全額介護保険制度から全額給付されますので、要介護度の認定をうけている方は
ケアプランの事業所への支払いは
です。

※但し、介護保険料の滞納の場合、介護サ-ビスを利用できない場合があります。
市町村(保険者)にお問い合わせください。

交通費は通常の事業実施地域の場合頂きません。
事業実施以外の場合、事務所を起点とし1Kmあたり30円で計算します。
その際は前もって書面で説明し同意します。

ヘルパーステーション
詳細表示
ヘルパーステーションとは?
身体介護や生活援助サービスを提供しホームヘルパーが在籍する事務所のことです。 ホームヘルパーとは65歳以上の介護保険に加入し、要介護認定を受けている高齢者のお宅に訪問し、入浴・排泄・食事などの身体介護や調理、掃除等の生活援助サービスをする人の事を言います。

サービスの内容
  • 身体介護
  • 入浴
  • 排泄
  • 食事
  • 生活援助
  • 調理
  • 掃除
  • 洗濯

利用料
・支援1・2の方
1ヵ月(定額制) 利用者負担額
週 1 回 利用 12,340 円 1,234 円
週 2 回 利用 24,680 円 2,468 円
週 3 回 利用 40,100 円 4,010 円
・介護1~5の方
時間 基本料金 利用者負担額
身体介護 20分~30分未満 2,540円 254円
30分~1時間未満 4,020円 402円
1時間以上 5,840円 584円
以降
生活援助 30分~45分 1,900円 190円
45分以上 2,350円 235円

※介護保険給付を超えたサービス利用は全額自己負担となります。

※記載の料金は、訪問介護員1人の場合で2人の場合は料金が倍になります。

原則として、基本料金の1割です。(特定事業所加算Ⅱ、算定額)

20~29分 30分~59分 1時間以上
提供項目 身体介護 2,700円
(270円)
4,270円
(427円)
6,200円
(620円)
生活援助 45分以上 ⇒ 2,480円
(248円)
身体1・生活1 3,430円
(343円)

※上記の料金は、訪問介護員1人あたりの料金となります。
※平成27年6月より、訪問介護処遇改善加算Ⅰを合計単位数に8.6%算定し利用料に加算請求させて頂きます。

時間外加算

通常の時間帯(午前8時~午後6時)以外の時間帯でサービスを行う場合には、次の割合で利用料金が加算されます。割増料金は介護保険の支給限度額内であれば、介護保険給付の対象となります。

夜間 18:00~21:59 25%
深夜 22:00~5:59 50%
早朝 6:00~7:59 25%

※介護サービス支給限度額をこえてしまう場合、超過分は全額自己負担となる場合があります。

休業日・災害時のサービスを利用の場合の追加料金(自費)

身体介護 生活援助
休業日(日曜、12月30~1月3日) 災害時(台風等) 800円/ H 500円/ H

※公共交通機関が運行停止の場合はサービス中止となりますが、緊急時等でサービスを行う場合は上記料金を頂きます。

キャンセル料

利用者様の都合により、急なキャンセルの場合は次のキャンセル料を頂きます。
(状態の急変等、やむを得ないと判断される場合にはキャンセル料は発生致しません。)

利用日の前日(営業時間内17:30まで)に連絡があった場合 無料
利用日当日の連絡の場合 1000円

※キャンセルが必要となった場合にはご連絡ください。 ☎098-942-3915 

その他の料金

初回加算(新規) 200単位/月

新規に訪問介護計画書を作成した利用者に対して、初回に実施した訪問と同月内に、サービス提供責任者が、 自ら訪問介護を行う場合、又は、他の訪問介護員等が訪問介護を行う際に同行した場合加算されます。

料金のお支払い方法

毎月10日前後に前月分の請求をいたしますので、20日までにお支払いください。
お支払い方法は、
①口座振込
②現金
による集金でお願いします。
お支払い後、領収書を発行します。

その他の費用

交通費
通常の実施地域の中城村,北中城村、西原町、宜野湾市、南風原町の方は無料です。
ただし原則として、実施地域を超える地域の場合、事務所を起点として1km毎30円にて計算します。

その他
サービス実施に必要な居宅の水道、ガス、電気、電話、掃除器具、消耗品の費用は利用者様の負担となります。

© 2006-2016 Futafa Corporation